144

交通事故による死亡記事は今ではよほどのことでない限りニュースにならない。しかし、地方支局では少し前まで 、死亡者が出た交通事故は、なるべく現場を踏み、記事を書くことになっていた。だから凄惨な事故現場を数多く見た。このときの経験でいうのだが、 交通事故キャンペーンでは、むしろむごたらしい現場写真を見せた方がいいのではないか、と思っている。また、人をはねた女性ドライバーが 怖がってしまい、倒れている被害者を触ろうともせず、泣き叫んでいるところも見た。”加害者教育”も必要ではないかと思う。

助手席のフロントボードに前歯が全部刺さっているのを見たことがある。被害者は死ななかったが、一瞬のうちに 全部の抜歯手術を受けたようなものだ。 鉄骨を積んだトラックに追突した男性は、のどからささったのが後部座席を突き破り、自分はハンドル持ったまま宙吊りになって死んでいた。 夏、トラックの運転手が右手を窓の外に出したまま片手運転していて、対向のトラックと接触して腕の付け根から持っていかれた。 このときは1か月に2度も同じ事故があったのだが、もう一件は自分で拾って病院までまた片手運転した。不思議に出血が少なくて 2件とも助かった。

後年社会部のとき見たのだが、20歳未満の男女数人が乗ったスポーツカーが大阪の御堂筋でトラックと激突した。トラックの後輪は2輪ずつ 連結になっているが、その10数センチの間に男女4人が入っていると聞いたときはにわかには信じられなかった。車軸から衣類をはがしてみて 人数がわかった。脳漿が搾り出されて、せんべいのような頭蓋骨が散らばっていた。明け方の事故だったが、中の一人の 少女は直前声をかけられて乗ってきたもので10日以上たっても身許が分からなかった。

何十年立った今でも、トンネルの中で対向車とすれ違ったり、鉄骨を積んだトラックが前にいると、こうしたシーンが突如よみがえりスピードを 落とす。車庫にクルマを入れようとして幼い我が娘をひき殺した父親は、泣きながら自分の頭を自分の手で殴り続けていた。私はバックにギアを 入れるたびにこのシーンを思い起こし、サイドミラーをもう一度覗く。

交通標語を唱えるだけではダメだ。残酷だから、見るに耐えないから、と現場写真は調書の中だけで使われる。だが、恐怖のありのままを 見せた方がよほど実学になると思うがどうだろうか。

・金融緩和は間違いだ。アベノミクスは失敗する。
 ↓
・長期金利の急騰でアベノミクスは失敗する。
 ↓
・円安で株価は上がったが景気はよくなっていない。景気は上向かない。
 ↓
・景気は上向いてきたが賃金に反映されることはない
 ↓
・賃金は上がったが一部の大企業だけだ。中小は苦しいままだ
 ↓
・中小も上がったが非正規は変わっていない
 ↓
・非正規も一部上がったが、消費税増税で景気は崩壊する ←今ココ

結論のために断片的なデータからストーリーを作っているので
こういうことになります。
そりゃ結論のために記事を書いてたら取材なんて必要ないでしょうね。
都合の悪い情報なんてむしろ無いほうが良いでしょうから。

西洋人は、”見た目=能力”の人たちなんですよ。


 昔、『鉄腕アトム』をアメリカへ輸出したときです。アトムが巨大なロボットを破壊するところで、手塚治虫にクレームが入ったんです。

「小さいロボットが大きいロボットに勝てるはずがないじゃないか」
「もしアトムが強いんだったらパワーアップして巨大化してくれ」

――とアメリカ人のプロデューサーに言われたんですが、

「いや、そうじゃなくて」

――と言ったんですけども。

 日本人が持っている「小さいものが大きいものに勝つときに、そこに本質がある」こと。

 ”柔よく剛を制す”で、技だけで力に勝ったときに、そこに柔道の本質が見えるということが、やっぱりアメリカ人にあんまりないんですよ。

 これは、僕らの文化の面白さだと思います。